キャバ嬢なら1度はいれてみたい!シャンパンタワーの値段や種類

キャバクラのシャンパンタワーの値段

キャバクラから連想するもののひとつとして、華やかなシャンパンタワーを思い浮かべる人もいるはず。

シャンパンタワーを入れてもらうことは、キャバ嬢にってはすごく嬉しいものだけど、実際に入れられることはごくわずか。
なぜなら、値段がすごく高いから!(笑)

お客さんがシャンパンタワーを入れることは、キャバ嬢のために大金を支払うということなの。

じゃあ、実際シャンパンタワーっていくらくらいするものだと思う?

ここでは、シャンパンタワーの値段や種類について、詳しく解説していくね。

注ぐシャンパンの値段によってタワーの値段が変動

シャンパンタワーの値段は、グラスの設置料と使うシャンパンの本数の合計だから、注ぐシャンパンによって値段がかなり変わるんだ。

タワーの段数は5段~15段と、かなり幅があって、低いもので設置料は2万円くらい、そして高いものになると10万円くらいになることも!

シャンパンの相場は安いもので1万円、アルマンドとかの高級ボトルになると1本10万円を超えることも当たり前。

安いボトルの5段タワーだったとしても、設置料2万円プラス、1万円のシャンパン×5本で総額7万円はかかる。

ちなみに、歌舞伎町の伝説的キャバ嬢・愛沢えみりさんの引退イベントで出された超豪華シャンパンタワーは、なんと総額1億円だというから驚き!

値段の幅は相当広いけど、安いものだとしてもそうホイホイ出せるような金額じゃないよね。

キャバクラでよく入るシャンパンタワーの種類

画像お借りしました:https://twitter.com/official_gotham

シャンパンタワーって、その形や積み上げ方によっていくつか種類が分かれるの。

「じゃあ、キャバクラでよく入るシャンパンタワーってどんなもの?」
「その形のシャンパンタワーにはどれくらいのシャンパンが必要なの?」

この疑問の答えについてまとめたいと思います!

キャバクラで定番の「ピラミッド型タワー」

キャバクラで定番とも言えるのが、ピラミッド型のシャンパンタワー。

横から見ても上から見ても三角形のシャンパンタワーで、どの形のタワーよりもグラスの数が必要だから費用がかさむけど、安定感抜群の形だね。

グラスが多い分必要なシャンパンの量も多くて、設置料の相場は7段で3万円くらい。

そこにさらにシャンパンが25本くらい必要だから、1本1万円と考えても28万円くらいは必要になるかな。

積み上げるのが難しい「三角型タワー」

最近トップキャバ嬢の間で人気が高いのが、三角形タワー。

三角形タワーは、横から見ると三角形だけど上から見ると円形になってるタワーのことで、ゴージャスでおしゃれな雰囲気があるよ☆

7段の三角型シャンパンタワーで設置料の相場はだいたい3万円。

そしてシャンパンの本数は15本くらい。意外と本数が必要ないから、同じ段数ならピラミッド型より安く済む場合が多いんだよね。

豪華絢爛な見た目にうっとり「四角タワー」

見た目の豪華さで有名なのが、四角タワー。

横から見ると三角形だけど、上から見ると正方形の形になってるタワーのことで、見た目がすごく綺麗だからライトアップ付きでオーダーされることが多いとか。

7段の四角型タワーで考えると、設置料は同じく3万円、シャンパンの本数は20本くらい。
ちょうどピラミッドと三角形の中間っていう感じかな。

キャバ嬢がでシャンパンタワーを入れてもらうには

シャンパンタワーは見た目はすごく綺麗で迫力満点だけど、その分値段もかなり高額!

普通のプレゼントとは違って形に残らないしね。

でも、タワーをオーダーされるのはキャバ嬢にとってすごく名誉なことなんだよ。

じゃあ、キャバ嬢がお客さんにシャンパンタワーを入れてもらうにはどうすれば良いのか、入れてもらうパターンについて紹介するね☆

シャンパンタワーを誕生日におねだり

画像お借りしました:https://beauty.beaute.tokyo.jp/column/1360

一番おねだりしやすいのは誕生日だね。

トップキャバ嬢だったとしても、普通の出勤日にそうホイホイシャンパンタワーをオーダーされることなんてない。

誕生日やクリスマスとかの、特別なイベントの日にオーダーしてもらう場合が多いから、イベントに合わせて「今年はシャンパンタワーやってみたいな~」とおねだりしてみて♪

せっかくの誕生日だからと、入れることを考えてくれる可能性が高いよ☆

シャンパンタワーを頼むお客さんを選ぶ

ただ、シャンパンタワーを頼むときはお客さんを選んでね。

いくらお祝い事の日におねだりするものとはいえ、シャンパンタワーが高いことに変わりはない!

お客さんによっては、「自分はただ利用されてるだけなんじゃ?」って思われてお客さんがお店に来なくなっちゃうかもしれないから、出来るだけノリや気前が良いお客さんを選ぶといいかも。

普段から地道なコミュニケーションを重ねる

シャンパンタワーを入れてもらうには、「この子だったら入れても良いや!」とお客さんが思えるように、普段から地道なコミュニケーションを重ねるのがいちばんの近道

高額なプレゼントになるものだから、お客さんとの信頼関係を築いて、高額「でも」入れてあげたいと思わせられるようになってね。

シャンパンタワーの豪華さ=キャストの実力

シャンパンタワーは段数や入れるシャンパンの種類によって様々。

当然高額なものの方が見た目も派手だから、豪華なシャンパンタワーを入れてもらえるキャバ嬢を目指そう♪

もちろん低い段数のタワーに価値がないかというと、そんなことは絶対にない!

まずはシャンパンタワーを入れてもらえるキャバ嬢になれるように、接客レベルを伸ばすことが重要だよ。