キャバクラと言えば定番のドンペリ!値段や種類について知ってる?

キャバクラの高級シャンパン『ドンペリニヨン』の種類と値段

画像お借りしました:http://iewine.jp/article/402

お酒やキャバクラ業界に詳しくなくてもドンペリニヨン(ドンペリ)っていう名前は知ってる人が多いと思うんだけど、実際ドンペリがどれくらいの値段で、どんな種類があるか知ってる?

ドンペリはキャバクラでも度々出ることがあるから、その種類や値段について知っておくことは損ではない!
ここでは、ドンペリの種類や値段について紹介していくね。

ドンペリ白

正式名称 ドンペリニヨン ヴィンテージ
アルコール度数 7%
一般販売価格 12,000円
キャバクラでの平均価格 50,000円
味の特徴 スッキリしていて上品な味わい
飲みやすさ ★★★☆☆

ドンペリの中でも王道中の王道で、すごく香りが強いのが特徴かな。

甘みよりもスッキリした酸味の方が強いから爽やかな風味なんだけど、ミント系の味が苦手な人にとっては最初はピンと来ない味かも。

ドンペリピンク

正式名称 ドンペリニヨン ロゼ ヴィンテージ
アルコール度数 12.5%
一般販売価格 12,000円
キャバクラでの平均価格 80,000円
味の特徴 ベリー系の甘酸っぱい味わい
飲みやすさ ★★★★☆

キャバクラで人気が高いのがドンペリピンク。
メジャーすぎて「ピンドン」って略されることもあるよ。

高いのはもちろん、白よりも甘みがあって女子ウケが良い味なのも人気の秘訣だね。

ドンペリブラック・プラチナ

正式名称 ドンペリニヨン エノテーク
アルコール度数 12.5%
一般販売価格 40,000円
キャバクラでの平均価格 100,000円
味の特徴 まろやかでキャラメルみたいな味わい
飲みやすさ ★★★★☆

熟成されて特に香りが高いことからお酒好きなキャバ嬢はもちろん、お客さんからも人気のドンペリブラック。
プラチナって呼ばれることもあるよ。

ドンペリゴールド

正式名称 ドンペリニヨン レゼルブ・ド・ラベイ
アルコール度数 12.5%
一般販売価格 80,000円
キャバクラでの平均価格 400,000円
味の特徴 濃厚で甘すぎないフルーツの味わい
飲みやすさ ★★★☆☆

ゴールドは特にフルーツのような甘みのある香りが特徴的な味わいで、まさに高級感があるお味。

木箱に入ってるっていうところもキャバ嬢からの憧れが強い理由のひとつだね。

ドン・ペリニヨンP2

正式名称 ドン ペリニヨン P2
アルコール度数 12.5%
一般販売価格 40,000円
キャバクラでの平均価格 15,000円
味の特徴 柑橘系のすっきり系&ほのかな甘み
飲みやすさ ★★★★☆

すっきりした飲みやすい味わいで人気があるのがP2。

味が強いのに爽やかっていう不思議な喉越しでゴクゴク飲めるから、キャバ嬢人気が高いよ。

ドン・ペリニヨンP3

正式名称 ドンペリニヨン P3
アルコール度数 12.5%
一般販売価格 300,000円
キャバクラでの平均価格 1,200,000円
味の特徴 熟成された重厚な味わい
飲みやすさ ★★★☆☆

P2よりも熟成期間が長いことから希少価値が高いP3は、キャバクラでは100万円以上するから、正直キャバクラ業界ではおろされた時点で噂になるほどの超高額ボトル。

私もいつかはおろしてもらいたい!

ドンペリニヨン ルミナス

正式名称 ドンペリニヨン ルミナスラベル
アルコール度数 12.5%
一般販売価格 30,000円
キャバクラでの平均価格 120,000円
味の特徴 スッキリしてていくらでも飲める!
飲みやすさ ★★★★☆

キャバクラでウケが抜群なのがルミナス

ボトルの底のボタンを点けたら暗闇でラベルが光るから、たくさん並べてボトルを眺めるだけでも楽しい!

『ドンペリニヨン』はキャバ嬢にとっても憧れのお酒

ドンペリはキャバ嬢にとって憧れのお酒。

と言うのも、有名ボトルだから話題にもなりやすいし、一度開けたら飲み切らないといけないからたくさんオーダーしてもらいやすいの。

場の空気を一気に盛り上げやすいから、キャバ嬢からすごく人気が高いんだよね。

ドンペリのまとめ

ドンペリシリーズはたくさんの種類があって、値段も1桁万円から100万円以上のものまで様々。

ドンペリにチャレンジするなら、誕生日やイベントのある日に馴染みのお客さんにさりげなくおねだりするところから始めよう!

新人キャバ嬢にはドンペリを入れてもらうには、ハードルが高いから最初は入れてもらいやすい「カフェパとポンパ」あたりからチャレンジするのがおすすめだよ!